医療求人Conference 医師と看護師の求人を知る!

医師不足や看護師不足の現状で、どのように働くかでプライベートの生活も変化してきます。

TOP 医師求人 労働条件への注目度が高い医師求人

労働条件への注目度が高い医師求人

医師というと、私たちが必ずお世話になる職業です。

最近では、医師求人や医師転職医師募集サイトも増えていますが、収入より労働条件への注目度が高いようです。そこには、医師不足による、過酷な労働実態があります。

医師求人を出すにも、労働条件が最も大切なのです。また、医師転職も増えていますが、家族との時間を持ちたい、当直から解放されたいという動機からです。

医師求人募集も、収入よりこういったニーズに応える内容にシフトしているのです。医師不足は私たちの生活にも大きく影響するものです。

医師には適切な労働環境を提供してほしいものです。

全国にある美容外科が実施する医師募集

美容医療は都市部の方が充実している傾向にあります。美容外科が実施する医師募集案件を探すなら、都市部が有利である場合もあります。

しかし、地方都市に暮らしている人でも、自分の場所で美容外科が実施する医師の募集案件に応募するチャンスは多いに残されています。美容外科が実施する医師の募集は、全国で実施されています。

また、最近では地方都市にたくさんの分院が開設されています。都市に引越しをしなくても、美容外科が実施する医師の募集案件が見つかる可能性もあります。転職サイトを使うと全国にある美容外科が実施する医師募集案件を見つける事ができますので、探してみるといいでしょう。

看護師と医師求人を知る!コンテンツ

大阪東京の医師求人での危険手当や保険

大阪や東京の医師求人は他の地域に負けない福利厚生が付いています。交通費や厚生年金が付いているのはもちろんですが、福利厚生として職員旅行が付いている場合がほとんどです。内容ですが、国内旅行はもちろんですが、海外旅行にも対応している医療法人もあります。

大阪や東京の医師求人の特徴ですが、基本給となる年俸以外に危険手当も支給されます。そのため万が一怪我をしそうになっても安心です。

あってはならない事ですが、治療がうまくいかなかった時の訴訟費用を出すための保険にも加入しているので、万が一医療ミスをしても金銭面では負担が少ないのではないでしょうか。

産業医求人を出している企業は多いです

産業医求人を出している企業はたくさんあります。産業医は、企業と契約をして、働いている人が健康に働けるように助言や指導をする医師の事です。

労働安全衛生法では、50人以上の従業員を雇っている企業は、産業保健や労働衛生などといった、専門的知識を持っている産業医を雇用し、従業員の健康維持をさせるように法律で決められています。

労働者の健康を維持するために、産業医は、処置をしないといけないと判断した場合は、企業に対して処置を実施するように勧告をすることができるようになっています。健康診断などがその代表で、産業医に指摘された企業は健康診断を実施しなくてはいけません。

メニュー

医療求人Conferenceホーム 医師求人 産業医求人 医師転職 医師転職で非常勤医師アルバイト 医師アルバイト 医師バイト スポット 産業医師募集 レンタルオフィス 看護師求人

プライベートと仕事の時間を見直したい。そんな働き方を考える看護師や医師へ向けたコンテンツをご紹介。フルタイムで働く医師募集から、非常勤医師バイト、スポットの医師アルバイト、産業医への医師転職など多様な医師求人についてみていきましょう。当サイトへのお問い合わせはこちらへ。

次のステージで産業医になりたい人の医師求人

医師として十分に活躍した後に、年齢を重ねた人が転職先に考えるのが産業医と言われています。しかし医師求人の中でもこちらの職種は多く出ている訳ではなく情報もそこまで出ている訳ではありません。

まずこちらの仕事はどういったことをするのかといいますと企業の専属の医師として働いている社員の健康を見たり、メンタルケアをしたり、健康診断のお手伝いなどをします。手術があるわけではないので通常の医師勤務と兼任している人も多いようです。

そういった兼任で働いている人は1回いくらという換算になりますが、大体2万から3万円程度のようです。医師アルバイトと呼ばれることもあるようです。

医師免許を取得して医師求人に応募する

医師になるのは決して易しい道のりではありません。

大学の医学部に6年間もの間在籍し、その後卒業しないといけません。そして、医師の免許を取得するために、国家試験に合格しないといけません。

また、その後はすぐに医師として活躍できるというわけではなく、厳しい研修医を経験しないといけません。その研修を経験した後は、ようやく医師になれます。医師求人に応募するには医師の免許を取得した者でないといけません。

医師求人に応募できる様になるまでも厳しい道のりですが、医師になった後も厳しい道のりだと言えるでしょう。

会社員として活躍できる産業医求人

これまでにドクターとして病院で活躍していた人が、産業医求人を選んで応募すると、これまでとはがらりと環境が変化します。

特に産業医求人を選ぶと、会社員として働く事になります。

産業医求人を選び企業で働く事で、働く時間に関しても長時間の時間外業務が発生する事もなく、基本的には決められた時間通りに働く事が多い様です。

産業医求人では、夜勤もなくオンコールもありません。そして、産業医求人を選ぶと、手術などの高度な医療を扱う事もありませんので、仕事に対して強い重圧を感じるという事も少ないと思われます。

患者を治療するというより、病気やケガにならない様にするため、予防する事が求められます。

協調性が求められる産業医への医師転職

病院での仕事は技術や知識が求められる事が多いと思います。しかし、産業医への医師転職を行うと、職場の人の健康医師や、環境改善のためのアドバイスが求められる事になります。

そのため、産業医への医師転職を行うと、これまで以上に協調性が求められる事もあります。コミュニケーションに自信がある人であれば、産業医への医師転職を行うと、自分の強みを活かす事ができるでしょう。

産業医への医師転職を行うと、求職中の人が職場に復帰できるかどうかというアドバイスを行うなど、人と会話を行う機会が増えます。産業医への医師転職を行うなら、ドクターとして適格なアドバイスをすると同時にサービスも大事でしょう。